日銀株をどうしても購入したい2つの理由を大公開!

投稿日:

日銀株を買いたい理由1

日本銀行は私たち一般の人のお金を預かることはなく、普段はあまり馴染みがない銀行です。
紙幣の発行や政府のための銀行、そして銀行のための銀行としての役割があります。

私の日本銀行との関わりは、普段はテレビのニュースを通してということになります。
日本の国の景気や状況を左右する重要な鍵を握っているので、ニュースではお馴染みですね。
そして、私のいとこのご主人がこの銀行の社員です。
そして何かの不祥事が起きた時にテレビに出て事情を説明していたので、それなりの偉い人。
そのいとこの家族は父親が東京大学卒業の医師。
弟も医師という家族でエリート一家です。
そんな感じで、この銀行にまつわるお話は一般的には馴染みがありませんが、エリートの方が働いているいう印象があります。

私にとってこの銀行のマニアックなお話というと、お金をコレクションをしていること。
銀行券を発行し、その安定供給や管理などの業務を行っているのが日本銀行ですが、その銀行券であるお金を集めています。
それは貯金という意味ではなく、古くからある紙幣や硬貨などを意識してコレクションしているのです。

使っていないピン札の千円札、二千円札、五千円札、一万円札。
また今は流通していない五百円札。
硬貨もいろいろあります。
きっかけは子供の頃に「寛永通宝」という古い硬貨を拾ったことでした。
時代の流れや歴史を肌で感じる気がしてとてもうれしく思いました。
人々の暮らしはお金と共にあり、人の生活や人生を彩りドラマが生まれ、様々な歴史が刻まれます。
そういう意味では、お金をいうのは人の人生にとってはなくてはならない最も重要なものの一つといえます。

また人を惑わせ、翻弄する存在でもあります。
争いのもとになったり、犯罪を犯したり。
人の欲望をかきたてるもので、その欲には際限が無くなることがあります。
お金そのものは紙でできた券ですが、その威力や効力は無限にあるので、人を狂わせてしまうのかもしれません。

私は幸いそのような欲望はなく、穏やかにお金と向き合い、また少しずつ珍しい紙幣や硬貨を集めるというつき合い方をしています。
そのデザインやつくりなど、よく観察するととても興味深く素晴らしいものなのです。

日本銀行は、お金というとても身近な大切なものを発行している銀行ということは、普段は意識することはほとんどないでしょう。
また現代はインターネット社会で、銀行券ではない仮想通貨などもあります。
未来の社会にはどんなお金が使われるのかは未知ですが、その時代に合った通貨が使われるようになります。
日本銀行の役割にも変化があり、その時代の通貨を管理する役割を果たしていることでしょう。

日銀株を買いたい理由2

大学入試センター試験の受験料は、現在ゆうちょ銀行や普通の銀行の窓口でしか支払えません。
しかし私が受験した当時はそれだけではなく日本銀行でも支払うことができました。
銀行の銀行である日本銀行に一個人が行ける機会などめったにありません。
これは良い機会だと考えた当時浪人中の私は、自分の受験する年度のセンター試験の受験料を最寄りの日本銀行の窓口で支払うことにしました。

予備校のお昼休みになり、電車で数分の金融街へと出かけて行きました。
多くの銀行を横目にしつつ、私の向かう先は日銀です。
そしてとうとう正面玄関に到着しました。
普通の銀行と違い、ドアの真正面、ど真ん中に比較的重装備の警備員さんが立っていて中々簡単には入れそうにありません。
でもここまで来たのだからと脇から入ろうとすると案の定呼び止められました。
「何の御用ですか。
」一瞬ドキッとしましたが悪いことをしに来たわけではないので「えっと、センター試験の受験料の支払いに来ました」と平然と答えてそのまま店内へと進もうとしました。
すると警備員さんは「ちょっと待ってくださいね。
センター試験の受験料はえっと、国庫納付ですね。
入って右奥の窓口へ進んでください」と案内してくれました。
ちなみに後ろから来た銀行員らしき2人組も何やら確認されていました。

窓口の女性はみなラフな格好で勤務していました。
奥で作業している人達はスーツでした。
特に順番もなさそうだったので窓口の女性に払込票と現金を提出しました。
するとよほど珍しいのか、銀行員が数人集まってきてしげしげと私の払込票を眺めています。
そして払込票と現金を奥の作業机に持っていき、その数人で作業を開始しました。
そして窓口の女性が順番待ちの札をくれました。
札は真鍮のような金属製で1mm位の厚さでした。
真ん中に日本銀行の紋章のようなものがあり、その下に番号が書かれていました。

5分ほど待ちました。
普通銀行の名前が次々呼ばれる中、私の名前が呼ばれます。
突然の個人名にその場の銀行員の目線が集中するのを感じました。
そしてまずはお釣りを受け取りました。
日本銀行なので新券、ピカピカの硬貨でした。
その場で領収を受け取れるのかと思いきや、その窓口は現金の受け渡し専用なので領収は別の窓口から返納されるとのことでした。
そしてまた5分ほど待ち、玄関近くの窓口から領収を受け取りました。

普通銀行の窓口であれば1つの窓口で全て行うところですが業務を分割しているところはさすが政府の銀行でした。

-株購入の体験談

Copyright© 株購入.com , 2020 All Rights Reserved.