ライン(LINE)株を購入したい決定的な記憶2つ

投稿日:

LINEの思い出1

私が初めてスマホを購入した時に既に周りはLINEを楽しんでいる状況にありました。
スマホの操作自体不慣れな私でしたが、取りあえず流行に乗ろうと思うがままにLINEを始めました。
よく操作が理解できないうちに、電話帳登録から友達リストがアップされその中の1つに、赤い彗星のジャアと言うネームの方からメッセージが送付されてきました。
恐らくガンダムに出てくるキャラの赤い彗星のシャアに掛けてジョークでネームを作成したと思われます。
周囲の友人関係で心当たりがある人は1人しかいないと決めつけ、てっきり職場の後輩と思い込みました。
そのまま敬語などを使用せず命令口調でしばしメッセージのやり取りをしていましたが、その方は途中で怒り出してしまったのです。
翌日職場へ出社するとその相手先とは実は私の上司だったのです。
もちろん失礼な数々のお詫びをしましたが、数週間私への風当たりは強く大変な思いをしました。

その後スマホ自体も少しずつ慣れ始め、LINEのグループ設定をした時の話です。
初めは私含め3名のグループ設定をしましたが、他2人のメッセージのやり取りがあまりにも早く、文字入力が遅い私にとってはそのスピードに全くついていけませんでした。
私だけが会話に送れるためにその時のネタにタイムラグが出て、1人だけ時差がある様な形になり毎回笑われています。
その後もグループの数が増え更に私の1人時差は激しく毎回苦労しています。
特にパソコン派の私にとっては現在もスマホの文字入力には不慣れで毎回苦労しています。

暇な時にID検索で適当な文字を入力したら、実在する人にヒットし何故かそのまま会話が弾んだ経験があります。
その方はとにかくデジタル世代の方で、パソコンに関するトレンド情報やそれ以外の小ネタも数多く持っており、毎回会話を楽しませてくれます。
更に私と共通の趣味が多く特に野球、車、お城などマニアックな情報を持っている方でした。
更に親交を深めて行く事により、私が住んでいる所のお隣の県に住んでいる事が分かり実際に遊ぶ事になりました。
この時点で私達は互いにニックネームで呼び合っていたため、性別や年齢など何も知りませんでした。
私はてっきり相手方が同世代の男性と思い込んでいましたが、実際に会ってみると現れたのは年配のお婆さんでした。
私は唖然として言葉も何も出ませんでした。
デジタル関係に強くトレンド情報にも敏感な人だったため、まさか年配のお婆さんが私の前に現れると思いもしませんでした。

TwitterやLINEなどのSNSの世界は、年齢や性別が不明な事が多いと言われていますが、私が改めて実感したのがこの時です。

LINEの思い出2

LINEでのコミュニケーションではスタンプのやり取りは欠かせません。

誰かとトークをしている時、絶妙なタイミングでスタンプが押されるとなんだかうれしくなってしまいます。

もはや今では文字と文字のやり取りだけだとなんだか味気なく思ってしまうほどです。

そのため私はお気に入りのスタンプを探すのが大好きです。

無料のスタンプはもちろん、時々有料のスタンプも購入します。

人気のスタンプよりも、あまり知られていないようなマイナーかつかわいいスタンプを見つけるとついつい購入したくなってしまいます。

クリエイターズスタンプは比較的安いですし、かわいいスタンプが埋もれていることが多いのでよくチェックしています。

実は私はLINEのIDが二つあり、一つはフェイスブック認証でアカウントを取得しています。

その端末では電話番号を登録していません。

ある時、フェイスブック認証のみで登録している携帯を海外で利用していて気づきました。

その国で無料公開されているスタンプをダウンロードできる、ということにです。

携帯電話が位置情報を認識するのか、海外にいると日本の無料スタンプをダウンロードすることはできず、その国の無料スタンプだけがダウンロードできるようになるようです。

ちょうどその時いた国が台湾であったため、台湾のスタンプをたくさんダウンロードすることができました。

そして帰国すると同時に、もう台湾のスタンプはダウンロードできなくなりました。

台湾で使われている中国語で描かれたスタンプは、漢字ばかりでなんだかおもしろかったです。

何が書いてあるのかよくわからないものもありましたが、スタンプで描かれている表情が豊かで日本にはない雰囲気を味わうことができました。

日本のスタンプは種類が豊富でとてもかわいいのですが、海外でしかダウンロードできないスタンプを持っている、と思うとちょっとプレミア感を感じてしまいました。

電話番号認証していない端末は今いる国のスタンプをダウンロードできるとなると、海外旅行が趣味の方はありとあらゆる国のスタンプを集められるのかもしれません。

LINEスタンプで世界制覇!と考えるとなんだかおもしろそうです。

さすがに世界制覇は難しいですが、近々別の国への旅行を計画中なので、またその国のスタンプをダウンロードできるかどうか試してみたいと思っています。

その時にダウンロードできるスタンプがたくさんあることを願うばかりです。

証券口座人気ランキング

1位 SBI証券

SBI証券の特徴

  • ネット証券最大手
  • 投資信託2400本以上で独走状態
  • オリコン顧客満足度ネット証券で10度超え

ネット証券で知名度抜群のSBI証券は、入門初心者・初めて取引をする人が一番最初にたどり着く証券会社です。

ノーロード(手数料無料)の銘柄がかなり多いので、まずはSBI証券で検討してみるといいですよ。

2位 GMOクリック証券

GMOクリック証券の特徴

  • 売買手数料の安さ際立っている
  • 急成長の証券会社でおいしいキャンペーン多数
  • HDI-Japan格付けにおいて、サポート部門で三ツ星獲得

近年、新垣結衣さんを広告等にCMやyoutubeの宣伝で爆発的に口座獲得をしているGMOクリック証券です。

特に手数料の安さを追う人なら、GMOクリック証券にしておいて間違いないでしょう。

3位 楽天証券

楽天証券の特徴

  • 楽天ユーザなら5分で口座開設可能
  • 楽天スーパーポイントも貯まるので相性抜群
  • トレードツールのマーケットスピードが人気すぎで無料使用はおいしい

楽天といえば楽天証券といえるほど成長してきています。

特に人気なのが、投資信託を所持しているだけでたまる楽天ポイント。

また、株取引で活躍するツール「マーケットスピード」が無料で使えます。

-株購入の体験談

Copyright© 株購入.com , 2017 All Rights Reserved.